パッセンジャー(2D・字幕)ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

パッセンジャー

原題:Passengers
上映時間:116分
制作年/国:2016年/アメリカ
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スパイツ
制作:ニール・H・モリッツ/スティーブン・ハーメル/マイケル・マー/オリ・マーマー
製作総指揮:デビッド・ハウスホルター/ベン・ブラウニング/ジョン・スパイツ/
      ブルース・バーマン/グレッグ・バッサー/ベン・ワイスブレン/
      リンウッド・スピンクス
音楽:トーマス・ニューマン
撮影:ロドリゴ・プリエト
編集:メリアン・ブランドン
キャスト:ジェニファー・ローレンス/クリス・プラット/マイケル・シーン/
     ローレンス・フィッシュバーン/アンディ・ガルシア

「ハンガー・ゲーム」「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラットが主演を務め、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督がメガホンをとり、「プロメテウス」のジョン・スパイツが脚本を手がけた。

★☆☆☆☆(星1つ)

入り込めませんでしたねえ。
だってクリス・プラット扮するジムが、目的の星にたどり着くまで後90年もあるのに1人で目覚めてしまって絶望的だからって、綺麗な女性を見つけて(冬眠装置って、大体丸見えですよね。個人保護とかないのでしょうか。。)装置壊して起こしてしまうってほんとひどい。
それで、そのジェニファー・ローレンス扮するオーロラがジムを好きになるんて、都合が良すぎ。

それに、装置壊したってバレちゃってから(最初はただの故障ということにしてた)オーロラは当然怒るんだけど、宇宙船の危機を救ってからまたラブラブに戻って、もしかしたらオーロラだけでも冬眠できるかもしれないのに最後まで2人きりで過ごすなんて、ありえないなあ、なんて。

「2人だけが目覚めた 理由は1つ」っていうキャッチコピーもいまいち。
隕石が宇宙船にぶつかった影響で冬眠装置が壊れちゃったのと、冬眠装置をわざと壊したのが理由だよーー。

ということで、2人で力を合わせて宇宙船を救った感動的なシーンも私には響きませんでした。。。

キャストにアンディ・ガルシアってあったので、調べてみたら
最後。。90年後目覚めた船員たちが、ジムとオーロラによって船に植えられた木が成長してたのを見てびっくりする場面に出てたらしい。
ほんの一瞬だったので、なぜ??

ジェニファー・ローレンスは綺麗でした。
まだ26歳なのに貫禄ですねえ。
「ウィンターズ・ボーン」がとてもいい映画だったのでちょっと気になり始め
「ハンガー・ゲーム」シリーズですっかりはまったのですが、最近は大物感が出ちゃって、あまり観なくなっちゃいました。
でも役にきちんとはまる、素敵な女優さんだと思います。

ちなみに、「ハンガー・ゲーム」にはまり過ぎちゃって小説も読みました。
こちらもものすごく面白いです。後半は小説のほうが面白いかも。


2017年04月13日 | Posted in 映画館(2017) | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です