美女と野獣(日本語吹替版)ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

美女と野獣

原題:Beauty and the Beast
上映時間:130分
制作年/国:2017年/アメリカ
監督:ビル・コンドン
脚本:スティーブン・チョボウスキー/エバン・スピリオトポウロス
制作:フデビッド・ホバーマン/トッド・リーバーマン
製作総指揮:ジェフリー・シルバー/トーマス・シューマッハ/ドン・ハーン
音楽:アラン・メンケン
撮影:トビアス・シュリッスラー
編集:バージニア・カッツ
キャスト:エマ・ワトソン/ダン・スティーブンス/ケビン・クライン/
     ルーク・エバンス/ジョシュ・ギャッド/ユアン・マクレガー/
     イアン・マッケラン/エマ・トンプソン/ネイサン・マック/
     オードラ・マクドナルド/ググ・バサ=ロー/スタンリー・トゥッチ

名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。(映画.comより)

★★☆☆☆(星2つ)

ディズニー映画ってあまり好きではないのです。
だって、原作を変え過ぎですよね。

  • 人魚姫が海の泡になるはず。
  • ラプンツエルは王女ではなく、母親が魔女が栽培しているラプンツエル(妊婦が食べるのによいとされる植物)を食べてまったので魔女に連れて行かれ、ラプンツエルと名付けられたはず。
  • シンデレラの2人の姉はガラスの靴を履くために、長女が爪先、次女は踵を切り落とすはず。
  • 白雪姫の継母は、最後焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされたはず。
  • などなど。

    残酷だっていうのはわかりますが、子供には正しく伝えたいですね。
    私は子供には、デイズニー映画の童話はディズニーが作ったお話しで、グリム童話などとは違うものだと言っています。

    しかしながら子供に付き合って、観てきました「美女と野獣」。

    やはり、ディティールが違いますね。

    原作ではベルは、3人の娘と3人の息子を持つ商人の娘 
    ⇒ 映画では芸術家の父親と2人暮らし

    原作では、物語の最後のほうでは、父親が病気になっていることを知ったベルが帰ると約束し、帰宅したもののベルの事を好きな男性の嫉妬により、野獣が殺されそうになる 
    ⇒ 映画では、2人の姉の嫉妬(着ているドレスや暮らしぶりに)により1週間以上滞在してしまって、野獣が死にそうになる

    そしてこの話は「人は見かけではない」といういい話なのですが、でもベルが美人だから成り立っているので、結局のところ「人は見かけ(美人は特)」ってことになってしまって、イマイチ。
    まあ、全体的にディズニー映画はそんな感じですよね。

    映像は綺麗だったし、歌もミュージカル風で素敵だったし、それなりに感動的なお話しに仕上がってましたがちょっとひねた大人(私?)から見ると絵空事的過ぎて。。。

    子供は楽しんでましたよ。

    エマ・ワトソンは可愛くて綺麗でしたがまだ子供ですね。ドレスを着ていてもボリュームがないので、貧相に見えちゃいます。この役にはもう少し大人な感じの女優さんのほうが良かったのでは。そして、「エクスペクト・パトローナム!」で野獣を助けてあげてって思っちゃいいました。

    これなら2014年公開のドイツ・フランス合作の「美女と野獣
    のほうが断然良かったです。

    原作に忠実でフランス語、歌など歌わず1映画として大人が鑑賞しても楽しめました。逆に子供はつまらないかな??
    雰囲気も素敵でした。

    野獣の苦悩とか、ベルの心が野獣に傾いていく様子などが上手に表現されていました。

    是非見比べて欲しいです。

    2017年04月26日 | Posted in 映画館(2017) | | No Comments » 

    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です