エクス・マキナ(字幕)ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

エクス・マキナ

原題:Ex Machina
上映時間:108分
制作年/国:2015年/イギリス
監督:アレックス・ガーランド
脚本:アレックス・ガーランド
制作:アンドリュー・マクドナルド/アロン・ライヒ
製作総指揮:スコット・ルーディン/イーライ・ブッシュ/テッサ・ロス
音楽:ベン・サリスベリー/ジェフ・バロウ
撮影:ロブ・ハーディ
編集:マーク・デイ
キャスト:ドーナル・グリーソン/アリシア・ビカンダー/オスカー・アイザック/ソノヤ・ミズノ

解説
「28日後…」「わたしを離さないで」の脚本家として知られるアレックス・ガーランドが映画初監督を務め、美しい女性の姿をもった人工知能とプログラマーの心理戦を描いたSFスリラー。第88回アカデミー賞で脚本賞と視覚効果賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、滅多に人前に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に滞在するチャンスを得る。しかし、人里離れた別荘を訪ねてみると、そこで待っていたのは女性型ロボットのエヴァだった。ケイレブはそこで、エヴァに搭載されるという人工知能の不可思議な実験に協力することになるが……。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」「レヴェナント 蘇えりし者」のドーナル・グリーソンが主人公ケイレブを演じ、「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーが美しい女性型ロボットのエヴァに扮した。グリーソンと同じく「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に出演したオスカー・アイザックがネイサン役を務めている。

★★★★☆(星4つ)

デウス・エクス・マキナ(Deus ex machina, Deus ex māchinā)とは古代ギリシアの演劇の演出技法の1つ(劇の内容が解決困難な状況になったとき、絶対的な力を持つ存在(神)が現れ、混乱した状況を解決に導き、物語を収束させるという手法)で、ラテン語で「機械仕掛けから出てくる神」を意味し、一般には「機械仕掛けの神」と表現(舞台に神が登場するシーンが大掛かりな仕掛けだったので)されるらしいです。

アリシア・ビカンダー扮するエヴァが、まさに機械仕掛けの美しい神。

オスカー・アイザック扮するブルーブックル社の社長ネイサンが、部下のドーナル・グリーソン扮するケイレブに、個人で開発しているAI(人工知能)のチューリング・テストをさせるのですが、そのAIがエヴァ。美しい顔と体を持ち、とても人間的。

ケイレブはテストしながらいろいろ話す内に、エヴァに恋心を抱いてしまい、ネイサンの元から逃がそうとします。ここまではネイサンの計算通り、テストにも合格。

しかしネイサンは、エヴァの前にAIの試作品をたくさん作っていて(しかも全部女性型)そのAI達は不完全ながらもネイサンにいい感情は持っていません。

ケイレブとエヴァが逃げ出そうとしている騒ぎの最中、不完全AIにネイサンが殺されます。これはきっとエヴァの計算内。

そしてエヴァはケイレブを閉じ込め、完全に人間に成りすまし世界に飛び出して行きます。

アリシア・ビカンダーがとても美しく、あんな大きな綺麗な目で見つめられて「ネイサンに騙されないで」と囁かれたら、体が機械でも惚れてしまいますよねえ。しかも途中からかつらをかぶり、洋服(これがまた清楚な感じ)を着て、まるで人間。

ケイレブが、自分もAIなのではないかと手を傷つけて確かめる場面があり、血が出たので人間だということになったのですが、童貞で両親もいない天涯孤独という設定で、血の出方が不自然な気がして。。もしやケイレブもAIだったのかと思ってしまいました。ケイレブがエヴァと話して、自分がAIだと気づくか気づかないかもチューリング・テストの一環だったのではないかと。。

監督/脚本のアレックス・ガーランドは、

  • 「ザ・ビーチ」原作
  • 「28日後…」 脚本
  • 「28週後… 」製作総指揮
  • 「わたしを離さないで」 脚本・製作総指揮
  • など、私の大好きな映画達を手掛けています。
    この映画も面白いはずです!

    スタイリッシュですし、観ていてグイグイ引き付けられるのですよね。

    実際に、ブルーブック社のウェブサイトを作ったみたいです。
    ブルーブック社のウェブサイト

    また、こちらではVer.5.9のエヴァが似顔絵を書いてくれます。

    WOWOWで観ました。

    2017年05月01日 | Posted in DVD・オンデマンド(2017) | | No Comments » 

    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です