ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(字幕)ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

原題:Bridget Jones’s Baby
上映時間:123分
制作年/国:2016年/イギリス
監督:シャロン・マグワイア
原作:ヘレン・フィールディング
脚本:ヘレン・フィールディング/エマ・トンプソン/ダン・メイザー
制作:ティム・ビーバン/エリック・フェルナー/デブラ・ヘイワード/
   ヘレン・フィールディング
製作総指揮:アメリア・グレンジャー/ライザ・チェイシン
音楽:クレイグ・アームストロング
撮影:アンドリュー・ダン
編集:メラニー・アン・オリバー
キャスト:レニー・ゼルウィガー/コリン・ファース/
     パトリック・デンプシージャック・クワント/
     ジム・ブロードベント/ジェマ・ジョーンズ/
     エマ・トンプソン/ダン・メイザー/
     ジェームズ・キャリス/サリー・フィリップス

日本でも大ヒットを記録したレニー・ゼルウィガー主演のロマンティックコメディ「ブリジット・ジョーンズの日記」の前作から11年ぶりとなるシリーズ第3作。アラフォーになったブリジットはテレビ局の敏腕プロデューサーとして活躍していたが、私生活では未だ独身のままだった。彼女がかつて愛したマークは他の女性と結婚し、ダニエルは事故で亡くなってしまっていた。ある日、ブリジットはハンサムで性格も良いIT企業の社長ジャックと運命的な出会いを果たす。しかしその一方でマークとも再会し、2人の男性の間で揺れ動く。主人公ブリジット役をゼルウィガー、元恋人マーク役をコリン・ファースが再び演じるほか、テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」のパトリック・デンプシーがジャック役で新たに参加。シリーズ第1作を手がけたシャロン・マグワイア監督がメガホンをとる。(映画.comより)

★★★★☆(星4つ)

このシリーズとっても好きなんです。レニー・ゼルウィガー扮するブリジット・ジョーンズが可愛くて、失敗しちゃうことや、男性に対しての態度に、ついついにやけて(共感??)してしまいます。

ちょっと太めで飲酒・喫煙大好きという設定でも、イケメン(遊び人だけど)に言い寄られるし、好きな人も弁護士で家柄も良いイギリス紳士(コリン・ファース扮するマーク・ダーシー)で、ブリジットと正反対なのに、何故か好きになってもらえるし、職場でも友達にもみんなに愛されています。

まあ所詮お話しですからね、でもこのモテる理由が女の可愛げってやつなんでしょうね。
そう、可愛げ全開なのですよ。

で3作目のこの映画ですが、原題のとおりブリジットが妊娠します。
イケメン・お金持ち(パトリック・デンプシー扮するジャック・クワント)とマークのどちらが父親かわからない状態です。でも、ジャックはそれでもブリジットが好きになってしまい結婚しようと言ってくれます。

ジャックが、まだデートもしてないのに結婚(父親になる)のは早いということで
まず、デートして、けんかして、次に花束を渡して。。とブリジットの家で一度に実践をするのはとっても素敵でした。

そしてマークは相変わらずブリジットが好きで、しょうがないな、それがブリジットだからね。。と寄り添ってくれます。

マークは不器用ながらも妊娠中のブリジットを手伝おうとするのがとても微笑ましかったです。
ジャックが素早くブリジットの鞄を持ってあげたら、携帯持とうか?と言うし、両親学級ではスーツでバランスボールに乗るし。。ちょっと堅物でも不器用なだけなんだから、私なら迷わずマーク一筋。

最後は子供の父親がマークだとわかり、結婚式を挙げることが出来てめでたしめでたしでした。

ヒュー・グラントが出演しなかったのはほんと残念。できれば、ブリジット、マーク、ヒュー・グラント扮するダニエル・クリーヴァーの3角関係をまた観たかった。
パトリック・デンプシーじゃ、憎めない3枚目のちょい悪おやじ感はちょっと力不足かと。

似たような感じでは「セックス・アンド・ザ・シティ」よりはもっとしみじみ共感できます。

イッツコムのVODで観ました。

2017年04月17日 | Posted in DVD・オンデマンド(2017) | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です