怒り ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

怒り

原題:怒り
上映時間:142分
制作年/国:2016年/日本
監督:李相日
原作:吉田修一
脚本:李相日
制作:市川南
共同製作:中村理一郎/弓矢政法/川村龍夫/高橋誠/松田陽三/吉村治/
     吉川英作/水野道訓/荒波修/井戸義郎
音楽:坂本龍一
撮影:笠松則通
編集:今井剛
キャスト:渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず/
     ピエール瀧/三浦貴大/佐久本宝/高畑充希/原日出子/
     藤田貴子/池脇千鶴/宮崎あおい/妻夫木聡

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.comより)

★★★★☆(星4つ)

原作を先に読んでいました。原作者の吉田修一は「悪人」も読みましたが、すっきりした文章でとても読みやすく好きな作家の1人です。

登場人物の感情を深く書くことなく、淡々とストーリーが進みます。
読み手に委ねるような感じです。「悪人」は誰が悪人だったのか?だったので、「怒り」は怒りとは?とか、誰の怒りか?なのかと思っていたら、愛した人を信用できますか?というテーマなような気がしました。

東京・千葉・沖縄それぞれに現れる3人の男に関わる人たちの話が進められます。
その中の1人が殺人事件の犯人なのですが、それは誰なのか、もしかしたら自分が愛している人なのではないか、とみんな疑心暗鬼になり、犯人がわかったときにそれをとても後悔します。何故信じてあげられなかったのだろうかと。。。

幸せになれるのに、どうして疑ってしまうのでしょうかね。
まあ現実、愛する人のことは常に気になるので結果疑っちゃうのですよね。
浮気してる?とかほんとに好き?とか。。。この話はそんな俗な事ではなく殺人犯かも?という疑いなので、みんな結果警察に通報したり、探りを入れたりします。そしてそれを後でとても後悔します。

取返しの付かないことをしてしまったと。。

千葉編は警察に通報するものの、実は違ったことがわかりお互い和解して割りとハッピーエンドでしたが、東京編は疑った挙句に、その人は公園で1人で寂しく亡くなってしまいました。後悔してもしきれませんね。。

沖縄編の人が犯人だったのですが、こちらはもう酷いとしか言うほかありません。善人面して回りに溶け込んでいましたが、本性がバレて殺されてしまいます。

いやあ、いい映画っていうよりは、しみじみする奥が深い話でした。

役者さんが素晴らしかったです。妻夫木聡と渡辺謙、そして森山未来が特に良かった。

妻夫木聡はゲイにしか見えなかったですね。雰囲気が出来上がっていました。

渡辺謙は控えめな演技ながら娘を思う父親の気持ちを素晴らしく表現していました。

何より森山未來。最初は優しく回りに接していたのに、急に暴れだしたり、仲良くしていた女の子が黒人に乱暴されそうになったのをこっそり見ていて、その様子を落書きしていたり。。その豹変ぶりが良かったです。最後はその落書きを見た、女の子が好きだった男の子に殺されてしまいます。。

そう、なので殺人事件の真相も、森山未來の怒りも明確にはわからないままです。

でもそこは、わからなくていいんです。だって凶悪犯人の心情を理解することなんてできないですからね。映画を観てても、死んで当然、良かった、と思ってしまいました。

音楽もいいなあと思っていたら、坂本龍一だったのですね。さすがです!

イッツコムのVODで観ました。

2017年04月15日 | Posted in DVD・オンデマンド(2017) | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です