ブルージャスミン(字幕)ネタバレ

※基本的にネタバレしていますので、注意してください。

ブルージャスミン

原題:Blue Jasmine
上映時間:98分
制作年/国:2013年/アメリカ
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
制作:レッティ・アロンソン/スティーブン・テネンバウム/エドワード・ワルソン
製作総指揮:リロイ・シェクター/アダム・B・スターン
音楽:
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:アリサ・レプセルター
キャスト:ケイト・ブランシェット/サリー・ホーキンス/
     アレック・ボールドウィン/ピーター・サースガード/ルイス・C・K/
     ボビー・カナベイル/アンドリュー・ダイス・クレイ/
     マイケル・スタールバーグ

解説
ウッディ・アレン監督が初タッグとなるケイト・ブランシェットを主演に、上流階級から転落したヒロインが再起をかけて奮闘し、苦悩する姿を描いたドラマ。ニューヨークの資産家ハルと結婚し、セレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンは、ハルとの結婚生活が破綻したことで地位も資産も全て失ってしまう。サンフランシスコで庶民的な生活を送る妹ジンジャーのもとに身を寄せたものの、不慣れな仕事や生活に神経を擦り減らせ、次第に精神が不安定になっていく。それでも再び華やかな世界へと返り咲こうと躍起になるジャスミンだったが……。第86回アカデミー賞でブランシェットが主演女優賞を受賞。共演にアレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガードら。

★★★★★(星5つ)

ケイト・ブランシェットって、この映画観る前は「リプリー」の恋人役や「ロード・オブ・ザ・リング」のエルフ役の、綺麗なお姉さんの印象でしかなかったのです。
でもこの映画を観て、あまりにも素敵で魅力的な演技に魅了されて、大好きな女優の1人になりました。

セレブな世界の余裕たっぶりの演技や、落ちぶれていく様子、だんだん狂気的な目つきになるところなどほんと素晴らしい。ウッディ・アレンはこの人を想定して脚本を書いたに違いない!

セレブリティなケイト・ブランシェット扮するジャスミンは、セレブな生活を捨てたくなくて、アレック・ボールドウィン扮する夫ハルの浮気を半ば黙認したり、ハルの怪しげな事業を気づかない振りをしたりしてたのですが、浮気に耐えかねてついに自ら警察に電話してハルを告発します。

本名はジャネットなのに、「ジャスミンは夜に花咲く」からとか言って勝手に呼び名を変えちゃうあたり危ないですね。

財産、夫(獄中自殺)、義理の息子(告発したのがジャスミンだと知って家を出る)を失ったジャスミンは妹の住むサンフランシスコにやって来ます。お金がないのにファーストクラスに乗ったり、エルメス、ヴィトン、シャネルで固めてます。

サンフランシスコに来る途中飛行機の中で見知らぬおばあさんにずーっと話かけているのですが自分の話ばかり。落ちぶれていく自分が耐えられないのでしょう。もう精神が崩壊しているのがわかります。

サンフランシスコでの生活は、高望みばかり。
パソコンを使えないのに、インターネットで取得できるインテリアデザイナー資格をとろうとしたり、パーティーで知り会ったピーター・サースガード扮するドワイトと結婚しようと、自分が外交官/政治家の妻にふさわしいことを一生懸命アピールしたり、嘘ついたり。。。

最後は、ドワイトについていた嘘(ハルは医者で病気でなくなった。)がバレて、捨てられてもうぼろぼろです。そして義理の息子にも会いに行きますが、完全拒否。

ハルとの思いでの曲「ブルー・ムーン」も思い出せなくなり、ベンチに座ってぶつぶつ独り言を言っているところで終わります。

自分の意思はあまりなく、回りに流されて生きているけど見栄をはり、高望みな生活をしているとこうなりますよ、という身につまされるお話しでした。

もう少しジャスミンにいいアドバイスしてくれる友達がいたらこうはならなかったのでしょうけどね。まあジャスミンの性格上、そういう友達は出来ないのでしょうけどね。

ところでアレック・ボールドウィン。ボールドウィン兄弟の1人で、昔はイケメンだったのに太っちゃいましたねえ。
でも、いい味出てました。

2017年05月15日 | Posted in My Favorite Cinemas | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です